老後にいくら必要?

f:id:kuni1029:20190104034748p:plain

 

 

老後にいくら貯金が必要なのか考えたことがありますか?

 

ある、生命保険会社の試算では老後1億円が必要とのことです。

 

60歳でリタイヤして平均寿命の85歳まで生きたとして、月33万円で1億円なのでおおよそ的外れの数字ではないと思います。

 

いきなり老後に1億円必要だと言われても、準備できる人の方が少ないと思います。

 

そこで、少し噛み砕いて考えていきましょう。

 

退職金、年金はいくらもらえるの??

 

まず、はじめに退職金や年金などで入ってくるお金もこの1億円に加算してOKです。

 

退職金や年金は人によって差が出すぎるので、ご自身に当てはめて考えてみてください。

 

ここでは、あくまで平均値で計算してみます。

 

厚生労働省が出しているH29のデータでは国民年金の平均月額が5.5万円、厚生年金の平均支給額が14.7万円になり、合計で20.2万円になります。

 

65歳から85歳まで受給すると約4800万ほどになります。

 

退職金は、退職理由、企業、勤続年数によって差が大きくなりすぎるので自分のパターンで試算してみてください。

 

今回は退職金がなかった場合で考えていきます。

 

何歳まで働く??

長く働けば、その期間は貯蓄する必要はなくなります。

ライフプランを立てる上で何歳まで働くはかはとても大切なポイントの1つです。

 

例えば

65歳まで働くなら60歳から65歳まで分の生活費は貯金で溜めておく必要がなくなります。5年だと約2000万分が貯蓄する必要がなります。

 

70歳まで働くならば約4000万分ですね。(※働き方によって年金の支給額が変動しますが、今回は考えずに計算します。

 

 

ここまでの2つのポイントを押さえて計算すると

・60歳でリタイヤする場合

 1億−4800万=5200万

 

・65歳でリタイヤする場合

   1億−4800万−2000万=3200万

 

・70歳でリタイヤする場合

 1億−4800万−4000万=1200万

 

今の年齢は??

 

今の年齢から月々必要な貯金額がわかってきますね。

 

・30歳で60歳でリタイヤする場合

5200万を30年で貯蓄するので、年間173万の貯蓄が必要になります。

月では14.4万ずつの貯蓄になります。

 

・30歳で65歳でリタイヤする場合

3200万を35年で貯蓄するので、年間91万の貯蓄が必要になります。

月では7.5万ずつの貯蓄になります。

 

 

まとめ

  1. 年金がいくらもらえるのか
  2. 退職金がいくらもらえるのか
  3. 何歳まで働くのか
  4. 今の年齢

 

ここを明確にすると老後に向けての貯金額が見えてくるかと思います!!

 

一度、ご自身の家庭状況に当てはめて、いくらずつ貯蓄をしていくのか確認をしてみてください。