収入をあげるか、支出を下げるか

f:id:kuni1029:20190104034541p:plain

 



前回の記事で老後に向けて貯蓄をしていく必要があると感じていただけたかと思います。

 日々生活をしていく中で貯金額を増やそうとすると方法は2つしかありません。

 

収入をあげるか、支出を下げるか

 

では、どちらが簡単でしょうか??

 

多くの方は支出を下げる方が簡単なのではないでしょうか

 

収入を上げようとすると

・給料をあげる

・転職する

・残業をいっぱいする

・副業をする

・アルバイトをする

などがありますかね

 

もちろん、収入が増えるに越したことはありませんが、今日から始めようとするとなかなかハードルが高いですね

 

なので、まずは支出の部分を見直していくのが良いかと思います。

 

1万円多く稼いで貯金するのも、1万円節約して貯金をするもの同じ1万円ですので

 

 

支出をさげる

 

よくお客様に「あなたの無駄遣いを教えてください。」という質問をします。

 

あなたの無駄遣いはなんでしょうか?

 

外食、飲み代、タバコ代、化粧品、服代、コンビニ…

 

いつも、いろいろな答えが返ってきます。

 

しかし、上の項目は生活の中の楽しみである出費の方が多いです。

 

もちろん、老後に向けて貯蓄するのは大切ですが、今の生活の楽しみを削ってしまうとなんの為に働いているか分からないですよね

 

では、何が無駄な支出なのか…

 

僕が考える無駄な支出は「何で払ってるか分からないお金です」

 

  1. 税金、年金、健康保険
  2. 生命保険
  3. 利息
  4. 固定費(毎月決まってかかるお金)

 

税金、年金、健康保険

もちろん、税金、年金、健康保険を払わなくて良いわけではありません。

ただ、しっかりと理解することで多くのメリットが得られます。

ふるさと納税がいい例です

多くの方が名前を聞いてことがあると思いますが、やってる方は少ないと思います。

 

生命保険

よく分からずに、保険屋さんの言う通りに入っている方も多いと思います。

本当にその保険が必要か確認してみると良いと思います

 

利息

借金がすべて悪いわけではありませんが、リボ払いなどしているとかなり損です

 

固定費(毎月決まってかかるお金)

家賃、電気代、ガス代、損保、通信費などです

固定費は、切り替えるのは面倒くさいことが多いです。

しかし、一度切り替えるとその後ずっとメリットが受けらるので、ぜひ見直してください。

毎月1000円下げるだけでも、年間1.2万円、 10年で12万円の節約になりますね

 

 

この4つのポイントを抑えて、支出を削減してみてください。